MENU

CBDが日本でも、はやってますね!

ですが、CBDは、まだ「ヤバイ薬」という認識でいらっしゃる方が多いんじゃないでしょうか?

今日は、今、脚光を浴びているCBDについて、何がダメで、何が良いのか?

あなたの身近な人がCBDを使用してたり、好きな有名人が愛用していたりで「大丈夫かな?」とご心配な気持ちも察します。

嫌でも気になってくるCBDについて、CBDの安全性、期待できる効果などCBDという新しい商品について知っていいただきたいと思います。

一言にCBDといっても、いろんな種類があります。

また、現在、様々な種類のCBD商品が増えつつあります。

代表的な販売先のと言えば、「ベターヘルスストア」、CBDに力を入れている通販の会社です。

・・・ですが、ベターヘルスストアで販売されているCBDの全てが、フルスペクトラム商品で、日本では販売出来ない商品であるため、注意が必要です。

では、CBDを手に入れるにはどうすれば良いのか?

輸入商品がまだまだ圧倒的な数を占める中で国産のCBDはどんなものがあるのか?

国産CBD商品を抜粋して以下にご案内します。

これらは、しっかりと公的機関の許可を得て販売している商品ですのでご安心ください。

  • 総合的に選べる!
カッコよさを追求するなら!
  • 人気サプリなら
WEB限定キャンペーン!
  • お得に国産を試したい
特典付きで購入できる!

現在の我々が入手、使用を許されている代表的な国産CBDについても併せて解説させていただきます。

国産CBDのご紹介は、一番下にあります!

ご興味のある方は、是非とも最後までご確認ください!

目次

CBDとはどんなもの?

禁止薬物の大麻原料である大麻草の成熟した茎や種子のみから抽出・製造されたCBD(カンナビジオール:以降CBDで統一)を含有する製品のことをCBDと呼びます。

CBDとは、(Cannabidiol)の略称です。大麻から抽出できるカンナビノイドという成分の中の1つをCBDと言います。

CBDの違法性は?

CBD自体の違法性を、ハッキリさせましょう。
 
CBDの主原料である大麻草から製造する大麻は禁止されているという認識は正解です。

・・・ですが、大麻の原料である大麻草の成熟した茎や種子のみから抽出・製造されたCBD(カンナビジオール)を含有する製品については、大麻取締法上の「大麻」には該当しません。

参考:厚生労働省 地方厚生局 麻薬取締部

ただ、CBD自体に違法性はありませんが、製品の中には、含まれる成分に違法成分が含まれものがあることがあり、国内への持ち込みや使用には確認と許可が必要になります。

つまりCBDは、輸入する商品や国内生産商品であっても、もろもろ含有成分の確認などが必要になります。

その際にCBD製造メーカー、及びCBD輸入代理店は、厚生労働省や検疫所に対し、公的な成分分析結果や製造工程表などを提出する必要があります。

結果的に上記の公的な証明書が提出されているCBD製品は合法だという証明がされます。

CBDの危険性は?

あなたが耳にしている「CBDの危険性」の中には、毒性であったり、依存性であったり、常習性であったりと、知らないからこそ勘ぐって、先回りして心配になることがありますよね?

CDBを製法別に大別すると・・・

CBD商品の原料CBDの成分の特性
フルスペクトラムCBD大麻に含まれるすべてのカンナビノイドが含まれ、THCを僅かに含んでいる危険性があり、日本国内では違法性があります。
ブロードスペクトラムCBDフルスペクトラムからTHCだけ除去した状態のもので、違法性はありません。
アイソレートCBDTHCを全く含まず、CBD純度が非常に高いCBDです。日本では主製品となっています。
アスリートが使用するCBDはこれが多いです。
CDB製法別原料

CBDに含まれる危険性のある物質とは?

大麻草には数百のカンナビノイドが含有されています。

中でも、大きくはCBD系のカンナビノイド、THC(テトラヒドロカンナビノール:以降省略)系のカンナビノイドの2種類に分けることが出来ます。

後者のTHCこそが、禁止されている成分であり、THCを含む製品は、全て違法となります。

※THCは大麻草の花、穂、根から抽出される成分で、依存性があり、接種・吸引することで精神作用を誘引するため禁止成分として規制されています。

正しいCBD製品の見分け方

大麻原料の種類でTHCの含有の危険性の判断をします。

「CDBを製法別に大別すると・・・」でご説明しました通り、CBDの種類には製法別に3パターンあります。

現在、CBDの製品は、国産の製品も開発され製造されつつありますが、日本では、国産の大麻草の栽培は禁止されているため国産原料は存在しません。

CBDの国内生産は、全て輸入原料に依存しています。

つまり、使用されるCBD原料3種類の中でTHCフリーの「アイソレートCBD」の高純度製品を選択することで禁止されているTHC含有製品を回避することが出来ます。

CBDの効果

CBDの効果は、簡単に言えば、抗炎症作用、抗痙攣作用、鎮静化作用(リラックス効果)、慢性的ストレス緩和などが期待できる効果です。

更には、不眠緩和、アレルギー性疾患緩和の作用が期待されています。

参考までですが・・・
CBDにはESCという機能があり、簡単に言うと食欲、痛み、免疫調整、感情制御、運動機能、発達と老化、神経保護、認知と記憶などの機能のバランスを取る働きを持つ機能とされています。

ESCは過度のストレスや老化により、「カンナビノイド欠乏症」が生じることが研究によってわかってきました。

カンナビノイド欠乏は、てんかん、ガン疼痛、神経膠腫、2型糖尿病、潰瘍性大腸炎、統合失調症を誘発するとの内容です。

CBDはカンナビノイドを効果的に摂取できるため、誘発される疾患の改善策の1つではないかと注目され、研究されています。

※人体の調整機能のことをエンド・カンナビノイド・システム(ECS)と呼びます。

CBDの副作用

CBDの副作用は、WHOが「副作用はほとんどない」という表現にで公表しています。

「・・・ほとんどない」は「少しはある」と同義と捉えることが出来ます。

CBDを飲用、接種することで生じる副作用として、「口内の渇き」、「眠気」、「立ちくらみなど」が、少数確認できたとの報告です。

接種時間や摂取量などには注意が必要です。

常時服薬などがある方のCBDの併用も、医師への相談をお勧めします。

CBDの今後

抗酸化作用、抗炎症効果、皮膚疾患に対しての作用が期待され、美容系の分野にも注目され、徐々にCBDを原料に用いた商品も各分野で発売されつつあります。

7種のCBD製品の分類と使用方法

CBD製品にはどんな種類のものがあるのか?

どんな製品なら、あなたが使用できそうか?

CBDを商品群ごとに分けると7つに分類できます。

あくまで、私のCBD商品の分類ですが、確認いただきたいと思います。

CBDオイル

CBDをオイル(キャリアオイル)に配合した製品群の総称です。

オリーブオイルなどに配合されたCBDを飲用します。

使い方は、「舌下接種」という口内で接種する方法です。

舌下に数滴CBDオイルをたらし、数十秒から2分ほどで飲み込みます。

毛細血管から直接摂取できるため、最も効果を体感できる接種方法とされています。

CBDリキッド

電子たばこの様な器具を用いて摂取するのが一般的です。

肺の毛細血管から直接吸収でき、効果を即体感できるのが特徴です。

最近では、別途器具を用いる必要なく、使い捨てのペンタイプ商品も販売されるようになりました。

CBDクリーム

皮膚に直接塗布するタイプの製品です。

経皮接種で患部に直接作用させることが出来るのが特徴です。

持続時間は長いとされています。

CBDシャンプー&コンディショナー

頭皮ケア、美髪維持を目的とした商品群となります。

効果確認はなかなか出来ないタイプの商品です。

洗い流す商品であるため、お守り程度の位置づけです。

CBD化粧品

日々使用するファンデーションやボディローション、アンチエイジング商品など、用途開発は多岐に及びます。

CBDだけのTHCフリーの商品が目立ちます。

経皮接種で効率よくCBDの摂取が出来ます。

CBDエディブル

CBDを含有した食品や飲料などの総称です。

食品には、最近ではCBDグミ、その他にもCBDチョコ、CBDクッキー、CBDガム、CBDはちみつなど多岐に渡ります。

飲料では、CBD茶、CBD水、CBDコーヒーなどにもCBD製品が広がっています。

経口摂取であり、やはり吸収率は他製品に比べ落ちます。

CBDカプセル

カプセル入りのCBDを飲み込む経口摂取タイプの製品です。

気軽に摂取できるのが特徴です。

ですが、舌下接種と違い、毛細血管から直接吸収できず、吸収率は劣ります。

体内で代謝の影響を受けるため、効率は劣りますが、効果持続時間は長いとされています。

 CBDの摂取量

健常な状態でのおススメの摂取量は、5~100mgが適量と言われています。

個人差がありますので、最初は、少量ずつの摂取が推奨です。

飲み込むタイプではなく塗布するタイプなどの方が、皮膚吸引となるため、より穏やかに作用します。
  
初めての方は、引用するタイプではなく、塗布タイプのものがおススメです。

ベターヘルスストアで購入できるCBD

CDBをベターヘルスストアで購入するのはおススメ出来ません。

フルスペクトラムCBDは、日本では違法です。

フルスペクトラムのCBDでも、国内の検査機関で確認してもらい販売許可がおりていれば、何も問題ないのですが、確認が取れていませんので、おススメしません。

正規な検査機関での検査が出来ていない危険性が高いので、犯罪者になりたくなければ、ベターヘルスストアの取り扱いCBDではなく、国産CBDの購入を検討する方が賢明です。

国産CBDにはどのようなものがあるのか?代表的なものをご紹介

国産CBD16選をご紹介します。

CDB製品|総合系

CDB製品|オイル系

CDB製品|リキッド系

CDB製品|化粧品系

CDB製品|エディブル系

CBDをベターヘルスストアで購入?|種類も豊富!国産はあるの?まとめ

CBDについての認識が深まってくれていれば良いのですが、CBDという成分を利用した新たな商品をご紹介しました。

残念ながら、ベターヘルスストアさんは、商品群の問題で使用することをオススメは出来ませんでした。

但し、CBD製品に限ったお話である点は、申し添えておきます。

ベターヘルスストアさんが取り扱うCBD以外の商品までもダメ出ししたつもりはありません。

ベターヘルスストアさんの活用法は、まだまだ別にありますからね。

日本で生活している以上、日本の法律を守ることは、日本人として日本で生きていく上での最低限のルールだと厳格にお知らせする必要がありましたため、致し方ありません。

CBDの本質を認知している方は、まだまだ少ないと思いますが、CBDの活用法を理解いただき、ご自身の健康状態などと照らし合わせ、必要に応じてご活用いただければ幸いです。

目次
閉じる